信用取引とは

わたしたちがhttp://www.fxgaido.com/tesuto/highlow-net-review.htmlなので資産の運用などのために投資での取引を行う際に、実際に資金を用意しておこなう現物取引の他に、信用取引という取引の形があります。

信用取引とは、www.australiahighlow.coでおなじみの株式取引などを取り扱っている証券会社や、FXでの取引を取り扱っているFX取引業者などに、投資をするための資金を借りて株式投資やFX投資を行うものになり、この信用取引を利用することによって、資金が足りない状態でも取引をおこなうことができる、つまりhttp://www.fxoption.net/rank/highlow-australia.htmlでは、小さな資金であっても大きな取引が行える、などのメリットが生まれることになるのです。

こうした信用取引は、主に市場相場によって価格がしていくものを銘柄とする投資取引によく利用されることがしられています。
こうした市場取引においては、その価格が常に変動しているために、もし現物取引しかできない場合には、わたしたちが欲しい銘柄を、欲しい価格のタイミングで取引したくても、
投資資金がなくては投資を行うことができませんし、また銘柄を保有できなければ取引自体が成立をしなくなります。





おすすめサイト>>http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline

このように、開かれた市場であるにもかかわらず、市場に参加する投資家などが少なくなってしまえば、市場の冷え込みや過度な相場価格の乱高下につながり、やがて市場自体が衰退していくことになってしまいます。

そうした事態を避けるために、信用取引という現物取引とは違う形の取引形態が生まれ、投資家は証券会社や取引業者に担保金や担保株、証拠金などを預けることにより、新しい取引が行えるようになっているのです。

信用取引には大きく二つの利点があり、その一つ目が少ない資金でも取引が行えるというものになります。
現物取引の場合には、投資した資金分の取引しか行うことができませんが、信用取引の場合には、投資した資金よりも大きな取引を行うことができます。
これを利用することによって、例えば相場に対して大きな利益が見込めそうな場合には、投資資金を増やすことによって、より大きな利益を得る事ができるようになり、こうした事を、ドアの取っ手であるレバーのようにテコの原理で小さな力で大きな効果が得られる様子から、レバレッジ効果と呼ばれています。

二つ目は、空売りによる取引により、相場が下落方歩行であっても利益があげられるという点になります。
信用取引では、証券会社や取引業者から資金を受け、銘柄をあらかじめ買ってある状態から取引をスタートすることができます。
これにより、その相場が下がった場合には手持ちにある銘柄を売り、そこから得た利益で借りていた資金を取引業者に返却し、残りを私たちの利益とすることができるのです。